衆議院議員選挙 大分一区候補者募集

公募要領

(1)応募資格

  • 国籍=日本国籍を有し、大分県出身又は大分県と縁(ゆかり)のある人であること。
  • 住所=限定しない(当該選挙区に居住していなくてもよい)。
  • 年齢=原則として選挙公示までに被選挙権を有する人であること。
  • 党暦=党員・非党員に拘らない。
  • 推薦人=自薦・他薦を問わない。

※ 縁(ゆかり)とは「本人」「両親」「夫又は妻」が大分県出身である、大分県内の高校、大学等を卒業している、大分県内で勤務していたなどの境遇を言う。

(2)公募要項

  • 周知期間=5日間(令和元年6月3日(月)から令和元年6月7日(金)まで)
  • 周知方法
    1. 大分県連ホームページ及び党本部ホームページに掲載
    2. 第一選挙区「FAX通信」で配信
  • 募集期間=5日間(令和元年6月8日(土)から令和元年6月12日(水)まで)
  • 応募提出書類
    1. 応募申請書(自著)
    2. 応募者履歴書(戸籍謄本・住民票・卒業証明書を添付)
    3. 小論文(応募動機、政治信条、基本政策等について)

    • ア、書類の規格様式は大分県連指定のものを用いること。
    • イ、小論文は2000字以内とすること。
    • ウ、応募に際し提出された書類は返却しない。
    • エ、応募用紙は、ホームページ(http://www.jimin-oita.jp/koubo/koubo.html)からダウンロードするか、事務局に返信用封筒を同封して請求すること。
  • 応募書類提出先
    〒870−0044
    大分市舞鶴町1丁目3番28号
    自由民主党大分県支部連合会
    電話 097−536−1001
  • 提出方法=郵送又は持参のこと
  • 応募書類提出期限=締切日(募集期間終了日の17時)まで必着のこと
  • 応募書類ダウンロード

    大分県連指定応募用紙です。( )内のサイズに印刷をしてご利用ください。

    pdfデータを表示するには
    AdobeReader(無償)が必要です。

(3)審査基準

 審査の基準は、次のとおりとする。

  1. 日本の伝統と文化を想い、行動力のある人
  2. 優れた政治感覚、政策能力を有する人
  3. 清新・清潔で幅広い見識を有する人
  4. 将来の政治を考え、情熱を持って取組める人

(4)選考実施予定日

令和元年6月16日(日)

候補者選考

 公募応募者については、「公募国会議員候補予定者選考委員会」が公正・厳正な選考を行う。選考に当たっての基準や方法は「国会議員候補者公募制度管理委員会」で定める。

(1)予備選考

  • 応募者の提出書類の審査は県連で行う。(応募資格の確認、書面の記載漏れ、誤記等)
  • 審査の日程、場所については、別途通知する。

(2)候補予定者の選考

  • 公募国会議員候補予定者選考委員会は選考委員の立会いの下に面接・口頭試問等を行い、候補者としての適性(第一印象、立ち居振る舞い、言葉遣い、政治信念、表現力、説得力等)について審査し、評価点数により候補予定者3名以内を選出する。ただし、応募者が4名以内の場合、全員を選出する。

(3)候補予定者の決定

  • 候補予定者は、公募国会議員候補予定者選考委員会で審査し、国会議員候補者公募制度管理委員会で協議し、決定する。
  • 合格者以外の応募者資料については一切公表しない。

候補予定者の育成

  • 県連は、候補予定者を公認候補として、党本部に推薦する。
  • 公認候補として認定された後は、県連の行う諸行事を活用し、政治家としての研鑽の場を提供する。

候補予定者の責務

  • 候補予定者は、積極的に管内の地域支部、後援団体、友好団体などを訪問し、支援者との交流や地域情勢の把握に努めるとともに、支援者の協力を得て後援会などの組織づくりを進める。